メンタルヘルス研修

働く人のおよそ6割が抱えるという、「不安」や「悩み」!

こころの仕組み・ストレスを知り、対応策を考えていきましょう。

 

組織で行うべきメンタルヘルスケアは、以下の4つのケアが継続的かつ計画的に行われることが重要だとされています。

(厚生労働省「職場における心の健康づくり~労働者の心の健康の保持増進のための指針~」(平成24年9月作成))

 

■ セルフケア

■ ラインによるケア

■ 事業場内産業保健スタッフなどのよるケア

■ 事業場外資源によるケア

 

具体的な進め方としては、次の4点が挙げられています。

■ メンタルヘルスケアを推進するための教育研修・情報提供

■ 職場環境などの把握と改善

■ メンタルヘルス不調への気づきと対応

■ 職場復帰における支援

 

お気軽にお問合せください。

 

 



メンタルヘルス研修 (例)

   

1. メンタルヘルスの必要性

    1) メンタルヘルスとは

 2) メンタルヘルスの現状と本質           

 3) 労働安全衛生法について

 4) 安全配慮義務について

 

2. 心の健康を守る為に              

    1)4つのケアの推進              

 2)ストレス要因とストレス対応

 3)ストレスへの気づき             

 4)ストレス対応策             

 5)セルフケアア                 

 6)自分の性格を知る              

 

3. メンタルヘルス不調の早期発見と予防対策    

    1)職場のSOS            

 2)こうなったら「危ない」うつ病?      

 3)うつ症状者への対応策

 

4. より良いコミュニケーションのために        

 1) コミュニケーションと「報・連・相」

 2) 自己理解、他者理解

 3) アサーション

 

5. 自立訓練

   1)自立訓練法

 

6. 快適職場づくり

1)同僚との上手な付き合い方

2)相談の受け方・聴き方の基本

 


メンタルヘルスの必要性・重要性を理解し、セルフケアとストレスの対応策を学びませんか?
※講師は、産業カウンセラー・心理相談員が担当します
一般社団法人 産業カウンセラー協会 HPは、こちら


http://www.counselor.or.jp